水漏れの際トイレの交換と修理どちらが良いか

水漏れの際トイレの交換と修理どちらが良いか 排水口や温水洗浄便座内部からの水漏れが起きた際、トイレの交換を考える場合もあります。これを機に便器を和式から洋式に変えたかったり、温水洗浄便座のより新しいものにしたい場合はその方法もあります。一方、大切に使用してメンテナンスも定期的に行っている場合は、部品の劣化が抑えられ、長期間の使用も可能です。特に便器が陶器の場合は、耐用年数は100年以上のものもあります。
修理など相応に費用がかかりますから、費用を抑える為のポイントを紹介させていただきます。

■水漏れなど故障が無い場合のトイレの寿命

和洋式問わず便器の交換ですが、割れない限りは普通に使用出来るため交換の必要はありません。流したり清掃するために使用頻度が多いタンクの中にある部品は、概ね10年の寿命です。パッキンや配管は20年以上使用することも可能です。ただし、多くの方が利用したり子どもにいたずらされてたことがある等、環境によっては寿命が短くなる場合があります。
温水洗浄機能付き便座の場合は、機械ということもあり寿命は10年以内です。機器の中に洗浄ノズルなどの様々な機材が付いているため、劣化が起こりやすいためです。
近年では、温水洗浄便座は節水タイプのものだったり、便器の陶器が汚れにくい性能になっているものが各メーカーで開発されています。交換をするにあたり、水漏れなどに伴う機器の故障時だけでなく、長期的な費用対効果を踏まえた上で判断すると、長期間快適な使用へと繋がります。

■水漏れが起きた際トイレの交換がお得な場合もある
トイレの交換になると、相応の費用がかかることを懸念する場合もあります。水漏れ修理の場合は、即日対応が可能で費用が抑えられる場合、使い慣れた機器を使用出来るため、自身にとってお得な印象があります。
10年以上使用していると、トイレの交換の方が長い目で見ると費用対効果が高い場合があります。経年劣化が生じやすく、機器の故障が起きやすくなっています。特に古いものの場合は、部品の確保が出来ずメーカー対応が出来ません。水道修理業者で対応可能であっても、頻度が多くなるのであれば高品質な機器への交換の方がお得な場合もあります。特に節水や暖房機能が向上している製品は、光熱費を抑えた上で快適に使用できます。新たに長期間のメンテナンス対応をしてもらえる場合は、安心感が高まります。
一方、床材をはがしたり和式から洋式に変えるなど大掛かりな工事の場合は、さらに高額な費用と時間がかかります。自分のライフスタイルに合わせた施工をすると良いでしょう。予算等疑問点があれば、丁寧に答えてもらえる業者だと安心して任せられます。

■水漏れ時のトイレの交換など費用を抑えるポイント

修理やトイレの交換を依頼する場合は、相応に費用が掛かるため可能な範囲で安く施工をしてもらいたいところです。修理で費用を抑えたい場合は、可能な範囲不備のある箇所を自分で確認すると良いです。原因を特定することで必要最小限のパーツ持ち込みで済む上、点検作業を省略することにも繋がります。その分、費用を抑えることが可能です。
トイレの交換が必要だと、機材、工賃や経費を含めると10万円以上かかる場合もあります。最新の機器ではなく、アウトレットや少し前の性能の場合は費用を抑えることが出来ます。最新機器の開発販売されているメーカーによっては、マイナーチェンジ程度しか変わっていない場合もあります。カタログや専門業者と確認した上で、自分に合った手段を選ぶと良いです。

■まとめ
トイレで水漏れが起きた場合は、機器の劣化が始まった一つのサインです。修理して間に合わせる方法もありますが、トイレの交換も選択肢の一つです。各メーカーの情報収集やご自身での定期メンテナンスをすることでも、費用を大幅に抑えることが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース